スティックファンデーションの使い方

使い勝手の良さから、スティックファンデーションを使用しているという方も多くいらっしゃるかと思うのですが、皆さんは正しい使い方ができているでしょうか。 やはり、「ただつける」というのではなく、正しい使い方をすることで、ファンデーションそのものの効果を存分に引き出すことができ、より一層肌をキレイに見せることができるようになります。 ここで少し、スティックファンデーションの正しい使い方をおさらいしましょう。

@スティックファンデーションを繰り出す 口紅やリップクリームと同じ要領で、ファンデーションを使う分繰り出します。

A顔の各パーツにつける 「@」で繰り出したファンデーションを一度手の甲につけ、体温で少し温めてから、顔の各パーツにつけていきます。 体温で温めることにより、より肌の上での伸びが良くなります。 ※時間がない場合は手の甲にはつけず、顔の各パーツにラインを引くように、直接つけるだけでも大丈夫です。

B全体に馴染ませる 顔の各パーツにつけたファンデーションを、指やスポンジを使って、顔全体に馴染ませていきます。

C顔の細部に馴染ませる 目元や口元などの細かい部分に、二つ折りにしたスポンジの角を使って、ファンデーションを馴染ませていきます。

Dスポンジで油分を拭き取る 顔全体にファンデーションを馴染ませたら、スポンジの裏側を使って、肌に押し付けるようにして、余分な油分を拭き取っていきます。 こうすることによって、化粧崩れを予防することができます。

Copyright© ファンデーションの使い方を教えます All Rights Reserved.